ハワイときどきシンガポール

何度でも行きたくなる、海もショッピングもラナイも最高

JALのどこかにマイル →行き先はミステリー?

 f:id:tokidokihawaii:20200325121544j:plain

こんにちは、

 

旅行をされるとき、

本場のピザが食べたいとか、エッフェル塔が見たいなど、目的がはっきりしている場合があると思いますが、

ちょっとリフレッシュしたいから・・・

どこかに行きたい時もあると思います。

 

だいぶ前ですが、HISでミステリーツアーというものが販売されていました。

6日間で6万円くらいだったと思いますが、南の島のどこか、出発の1週間前まで、行先はわからない、っていうツアーです。

ミステリーというあやしいツアー名を見て、最初はスルーしましたが、

どこへ行くんだろう?

現実逃避をしたかった私は、何か見えない力にコントロールされるように、興味を持ち、未知の場所への憧れを持つようになりました。

特に目的もなく、何かをしたいという気持ちが無かったため、ミステリーに入会、いや申し込みをしてしまいました。

どこでもいいから旅行をしたい。

気持ちをリセットしたい。

行き先が分からないビーチだっていい。

いや逆に未知の世界を求めていた気がします。

どんなことでも受け入れようと思いました。たとえ今日のホテルはハンモックですよと言われても、驚かない。そのくらいは想定していました、という表情が出せるくらいまで気持ちを持っていきました。

予想では、たぶんバリ島かプーケット、だからあくまでハンモックは保険です、何があってもビビらないように一番ビックリする状況をあえて考えておいたのです。

多分そうだろう。モルディブだったらどうしよう、いや価格的にそれはない。

やっぱインドネシアかフィリピンかな、全く知らない無人島みたいのはないでしょう。

疲れきって壊れていた自分が、こんなキッカケでアジアンリゾートの世界へ足を踏み入れるとは。

普段自分が選ばないところを指定されて、そこへ行かなければならない。

別に見たいと思ってたわけではない国へ行き、見たこともないビーチや歴史的な建造物に刺激をうける。

ちょっとしたキッカケで人生が大きく動く、なんかドラマチックだ。

人生感が変わったらどうしよう。人生のターニングポイントがあるとすればきっとココだ。このHISのミステリーツアーなのだ。

そういう出会いが積み重なって、いろいろな価値観を受け入れることが出来るんだ。

心の広い、幅のある人間になれるのかもしれない。

そんな少しの不安と、新しいチャレンジへの希望が、自分をワクワクさせた。

迫ってくるドキドキを楽しみながら、仕事の帰りにポストを覗くのが日課になった。

旅行の詳細が郵送されるのは、1週間位前とわかっていたが、毎日ポストを確認した。

早く届くかもしれないから念のため毎日確認した。

郵送担当者が新人で、ミスで郵送してしまいました、みたいのを期待した。

後で理解したが、1週間前に連絡されるのは、もったいぶっているわけではなく、空席が行き先を決めるからだ、たぶん。本当に決まってないのだ。でもそれを知らない私は、毎日ポストを確認した。

こんなにも1日が長く感じたことはないんじゃないかと思うくらい1日過ぎるのが遅い。

早く時間よたってくれ。

そうこうしていると、予定通り郵便物が来た。

B5くらいの厚い封筒だ。

急いで開けてびっくりした。

えー、まじーみたいなびっくりでなく、

ちょっと引くくらいだった。

そんなぁ、でも行きます、想定外だけど。

飛行機が出発してわかったが、

乗ったのはチャーター便だった、

ミステリーツアーなのにファミリーがいっぱいいた。

自分たちだけ、ミステリーツアーじゃ無いよね?

行き先はハワイでした、ハワイのチャーター便でした。

俺たち人数合わせ?

大人の事情がミステリーなんですか。

好きなハワイはもちろん楽しかった、リフレッシュもできました。

ただ、ミステリーツアーっていう旅行のしおりをもって、ワイキキにいる自分がめっちゃ恥ずかしかった。

 

「JALのどこかにマイル」ってのをみて、思い出した話です。

 

JALのどこかにマイル、行先は選べない。

通常、国内往復12,000マイル〜のところ

往復6,000マイルで国内のどこかへ。

 

 

行ってみたい、 調べよう。

f:id:tokidokihawaii:20200325163933p:plain